So-net無料ブログ作成
検索選択

chemistry [日記]

と言っても男性二人組の歌手の話でないのですが・・・。


実は今日(正確には昨日)、社交ダンスパーティーに参加して、初めて人前でデモンストレーションダンスを踊りました。

(ここ、笑うところではないんですよ(笑))


なぜかトップバッターだったり事もあり、仕事や試験のように失敗してはいけないと言った変なプレッシャーがない分、緊張する間もなく、あっという間に自分の出番は終わってしまいましたが(笑)

正直、自分が踊る事よりも、他の人の踊りを観る事が出来たのが自分にとっては大きな収穫でした。

ふと、子供の頃のピアノの発表会のような楽しさを思い出しました。



それにしても社交ダンス、女性がより綺麗に魅力的に見えますね。

もちろん、化粧や衣装といった外見もありますが、それだけじゃない踊りの中のふっとした瞬間に現れる動きや表情がすごく美しく、魅力的で、見ていて思わずドキっとします。

ダンスのキャラクターを演じきったり、パートナーと息の合ったふとした瞬間に、限りなく素の様な、だけど普段とは全く違う表情が現れてくるのは、ペアダンスならではだと思います。

自分の中にあるけれど、自分一人では出来ない、でも、誰かがいてくれることで自然にそれが出来るようになる。


(ここでタイトルにつながるんです(笑))


人間、怒ったり不快になったり、落ち込んだり、ネガティブになるのも
「誰かがいる」からだけど、

楽しくなったり、元気になったり、ひとりなら出来ないことができるのも
「誰かがいる」からなんだなと、

素敵なダンスを観ながらそんな事も考えていました。




単純に元気や勇気を与える、だけじゃなく、

chemistry化学反応)のcatalyst(触媒)になれるようなことの方が結果として大きな事が出来るんじゃないのかなぁと。


あっ、触媒だと自身は変化しないから、ちょっと違うか(笑)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。